糖尿病の食事療法は家族の協力が不可欠です

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、考えを改めることはなかなかできません。ですが、糖尿病の中でも境界型といった段階になると、だんだんと自覚可能な症状も出てきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)の数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病予備軍の段階から見うけられます。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。仕事で時間が取れなくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してちょーだい。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってちょーだい。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大聴く「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。当初はほとんど自覚可能な症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、そのまま状態が進行し悪化するとゆくゆくは合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)の要因になってしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、治療の目的として食生活の改善が重要です。糖尿病性の合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)を防ぐための体重や血糖のコントロール、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。人は歳と一緒にインスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)による筋肉への糖の吸収が減少します。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。食事の後は特に、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。野菜から先に食べる食事法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。食事や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大切になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖になることがあるため注意が必要になります。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してちょーだい。いわゆる糖尿病とは、インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)といった血糖値を下げる役割を担ったホルモンが上手く働かなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうだという人もいますよ)にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、満たされた人生を送れるように努めることです。食事療法を初めとした治療が適切におこなわれれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)や動脈硬化症への予防に持つながります。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと大抵の患者さんは捉えます。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」用に用意された献立があるためはなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件といったものではなく、一般の健康な方立ちにすごく必要なことなのです。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。食品交換表といったのは私立ちが普段摂取している食品を、栄養素が多くふくまれる種類によって、6つの表を造り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量=80kcal(1単位)として掲さいしています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、日々の献立づくりの幅が広がります。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。わたし立ちの体内で日常的におこなわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと機能性がもたらす作用について調査する新しい研究分野です。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。毎日3食バランスよく食べて、なるべく食事を少なくすることが大切です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当と食事を少なく摂ることを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。購入はこちら⇒糖尿病 食事療法