たんぱく質の過剰摂取は腎臓病の大敵

肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、たんぱく質の過剰摂取になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が含まれます。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で言えば30~40gに相当します。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べてそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓に関する治療は病院に行ってふさわしい治療を受けることも先決ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。食事を元にして得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する必要があります。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つことにあります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を元に腎不全が進行しないようにできますし、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は非常に重要な治療法です。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。こちらもどうぞ⇒腎臓病 食事 宅配

About the Author