オルニチンとは体内を巡るアミノ酸の一種

オルニチンは身体で生成されない成分なので外部から摂取する必要があります。ですが食物から必要十分な量を取り入れるには相当なご飯量が必要です。オルニチンサイクルを活性化させるのに必要な量は個人差がありますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを補おうとすると、1000個以上のしじみが必要です。オルニチンサイクルによって、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、腎臓は負担なく簡単に尿として排出されます。ただオルチニンが不足してオルニチンサイクルが十分に機能せず、アンモニアがどんどん増え、オルチニンによる肝機能サポートが十分に追いつかなくなると、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。オルチニンサイクルだけでなく、肝臓ではもうひとつ、TCAサイクルと言う名前のものも行われます。TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで働いている代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATPを造り出すはたらきがあります。ATPというのは筋肉のエネルギー源で、生命活動の維持には絶対必要なものです。アンモニアというのは、このTCAサイクルを妨害してしまうのです。肝臓のはたらきを補助してくれるアミノ酸が、オルチニンです。アミノ酸はタンパク質を構成している物質で、このオルチニンは特殊なアミノ酸で、浮遊したまま結合しない体内の遊離アミノ酸が元になっています。遊離アミノ酸は血液の中に存在しています。そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。適量のオルチニンを摂取すれば、肝機能を向上させアルコールによる悪影響を防いでくれるのです。シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントも人気があります。 オルニチンは成長ホルモン(成長を促し、代謝をコントロールする働きのあるホルモンです)誘導体とも呼ばれ、他のアミノ酸といっしょにオルチニンがサプリメントに配合されることもあります。筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、筋トレやエクササイズの好きな方にも御勧めです。健康のためだけではなく、スッキリした見た目を実現するために、オルチニンサプリを摂取する方も、どんどん増えてきています。どんな目的でオルニチンを摂取するかは皆が同じとは限りません。でも、多くの人がオルチニンに期待していることは、肝機能を上げて回復力を高めることにより、体脂肪を燃焼させるということです。お酒を頻繁に飲んでいて検査の数字が悪い方、肝臓が弱ってしまっている方や、脂肪を落としたい方には、まさにピッタリだと思います。肝臓は、70~80%を切り取っても、約6ヶ月で元の大きさに戻るほど回復力が強いため、少々のダメージを与えられたくらいでは機能に問題が起きにくいという特長があります。ただ、このせいで肝臓の異変にそれに本人が気づくことが難しく、外部から症状に気づくころにはすさまじく病変が進んでしまっていることも多く、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解過程で、有害なアンモニアも解毒されるため、素早いアルコール処理が可能です。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、当然ながらお酒を飲む前に飲むのが一番です。少なくともお酒が進みすぎる前には飲んでください。その後は眠っている間にもアルコール分解が、効率よく進むでしょう。オルチニンには適性な摂取量があり、目安としては1日につき500mg~1000mg程度が良いとされています。500mgと1000mgだと倍も違いますが、人には個体差があります。ひとりひとり身体の大きさは異なりますし、胃腸の機能にも差があります。ですので適正量を知るため、少しずつ量を変えて服用しながら、自分にあった適量と飲むタイミングを見極めるようにしてください。オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、お酒を飲んだアトの代謝やデトックス能力も高まります。結果、二日酔いを予防したり、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も期待出来るはずです。持ちろんオルチニンを摂取することによってていても、飲み過ぎてしまうと、さらに肝臓の数値を悪くしてしまうことになりますよ。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>オルニチンサプリ

About the Author